NYで近代五輪提唱の原稿落札

共同通信

 【ワシントン共同】「近代五輪の父」フランスのクーベルタン男爵が1892年、五輪開催を提唱した講演の手書き原稿が18日、ニューヨークで競売に掛けられ、約880万ドル(約9億6千万円)で落札された。競売大手サザビーズが発表した。高い関心を集め、70万~100万ドルとされていた落札予想額を大幅に上回った。

 原稿は14ページで、フランス語で書かれている。書いた後に手直ししたとみられる書き込みも多くあり、推敲を重ねた様子がうかがえる。公開されたのは今回が初めて。

 講演は、進歩的な社会運動の一環として古代オリンピックを欧米諸国で復活させようと訴える内容だったという。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ