国立アイヌ博物館、内部初公開

共同通信

 国土交通省北海道開発局は19日、来年4月に北海道白老町でオープンするアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)」に付設する国立アイヌ民族博物館の内部を、報道陣に初めて公開した。

 博物館2階で同館設立準備室の佐々木史郎主幹が説明。展示ケースに着物やイナウ(木製の祭具)などの資料を置いて、見ただけでアイヌ文化が分かるようにし、展示される基本資料は700点を超えることを明らかにした。

 ウポポイは博物館と、伝統舞踊を披露する体験交流ホール、アイヌ民族の遺骨を納める慰霊施設などで構成され、政府は年間来場者100万人を目標に掲げる。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ