世界の男性喫煙者、初めて減少へ

共同通信

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は19日、世界の男性喫煙者の数が初めて減少に転じる見通しとなったと発表した。男女合計の総喫煙者数は減少してきたが、男性に限ると増加していたため、テドロスWHO事務局長は「たばこ(の害)との闘いで転機となる出来事だ」と歓迎している。

 WHOによると、2000年と18年を比較すると、男性喫煙者は4300万人増えて10億9300万人に。だが今回の調査を受けた見通しでは20年には100万人減、25年には500万人減となる。

 00年から女性喫煙者が1億200万人減少したため、18年の総喫煙者は13億3700万人となった。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ