日銀、大規模な金融緩和策を維持

共同通信

 日銀は19日、金融政策決定会合を開き、短期金利をマイナス0・1%とし、長期金利は0%程度に抑える大規模な金融緩和策の維持を決めた。これまでのところ消費税増税が景気に与える影響は軽微で、景気は「基調としては緩やかな拡大を続ける」と判断した。

 米国の利下げ休止を受け、日米の金利差縮小に伴って円高ドル安が進むとの懸念が後退したことや、米中貿易協議が第1段階の合意に達し、世界経済の先行きに明るさが見えつつあることも、追加緩和策を温存する日銀の判断を後押しした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ