空海伝授ゆずみそ造り、大阪

共同通信

 大阪府河内長野市の盛松寺で19日、弘法大師・空海ゆかりのゆずみそ造りがあった。空海がこの地を通った際、疫病に苦しむ村人を救うため造り方を教えたとされ、冬の恒例行事となっている。

 信徒ら約20人は、ユズの上部約1センチを切り落とし、取り出した果肉を包丁でたたいた後、みそと混ぜて再びユズ皮の中に戻した。本堂は包丁をたたく小刻みな音とユズの香りに包まれた。2日間寝かせ、21日の「終い大師」に振る舞われる。300個限定。

 住職高橋成明さん(51)は「冬至に召し上がり、新年を健康で迎えていただければうれしい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ