値引きで食品ロスを削減の提言へ

共同通信

 人手不足などコンビニを巡る問題を話し合う経済産業省の有識者検討会がまとめる中間報告案の概要が19日判明した。画一的な営業時間の見直しや、値引きで食品ロスを減らす「見切り販売」について、積極的に進めるようコンビニ本部に求める見通し。中間報告は来年1月をめどに公表する。中間報告に法的拘束力はないが、コンビニ各社が進めている行動計画見直しに一定の影響を及ぼすとみられる。

 概要は今月23日の検討会で示す方針。報告では年中無休や24時間営業などが通例だった画一的な営業時間を「多様で柔軟な形に見直す」ことが望ましいと指摘した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ