プーチン氏、日米安保の脅威強調

共同通信

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は19日、日米安全保障条約がロシアに脅威を及ぼしているとの認識を表明、日本と協議を続けているが「解決策は見つかっていない」と述べた。また日米安保が障害となり、行き詰まっている日ロ平和条約交渉について「柔道でいう引き分け」を目指すと改めて述べ、日本と妥協を模索して協議を続ける姿勢を示した。

 モスクワで行われた年末恒例の記者会見で共同通信の質問に答えた。

 ロシアが中国にミサイルの早期警戒システム構築を支援するなど、両国の軍事技術協力が進展していることについては「協力は防衛的なものだ」と強調し、中ロの軍事同盟化を否定した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ