英中央銀会見を取引に活用か

共同通信

 【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は18日、カーニー総裁らの記者会見の音声データを、委託業者が「外部顧客」に勝手に提供していたと発表した。英メディアによると、提供先は金融商品を高速取引するヘッジファンドとみられ、数秒早く内容を把握し、取引に活用し利益を得ていた可能性がある。

 英金融行動監視機構(FCA)が調べる見通し。BOEは重要政策決定後のカーニー氏らの記者会見を配信している。通常は動画配信しているが、配信に問題があった場合に備え、バックアップ用として音声データを取っていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ