米民主、弾劾決議の上院送付保留

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領ウクライナ疑惑を巡る弾劾訴追決議を巡り、民主党のペロシ下院議長は19日の記者会見で、与党共和党が多数を握る上院で開かれる弾劾裁判が「公正に行われそうにない」と批判し、送付を保留する考えを重ねて示した。決議が届かなければ上院は弾劾裁判を開くことができず、トランプ氏は「弾劾訴追」された状態にとどまる。

 共和党は証人も呼ばない短期間の裁判でトランプ氏に無罪判決を出すことを目指している。ペロシ氏は送付を遅らせることで共和党に圧力をかけ、証人の召喚などを実現したい考えだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ