経産省、対韓輸出規制を一部緩和

共同通信

 経済産業省は20日、半導体材料3品に関する韓国向けの輸出規制について一部を緩和した。基板に塗る感光剤「レジスト」に関し、特定の企業同士の取引は、現状の原則半年から最大3年間の許可が取れるよう運用を見直した。国内輸出企業にとっては事務手続きが少なくなる恩恵がある。7月に日本が対韓輸出規制強化を発表して以降、運用見直しは初めて。24日に予定されている日韓首脳会談に向けた環境整備の可能性がある。

 日本は7月、レジストのほか、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」、スマートフォンの有機ELディスプレーに用いる「フッ化ポリイミド」の3品目について対韓輸出規制を強化した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ