習氏、米国が「内政干渉」と批判

共同通信

 【北京共同】中国国営の中央テレビによると、中国の習近平国家主席は20日、トランプ米大統領との電話会談で香港の抗議デモに触れ「(米国は)中国の内政に干渉し、中国の利益を損なっている」と批判した。

 香港のほか、新疆ウイグル自治区やチベット自治区、台湾に関わる問題で米国が中国に対し「マイナスとなる言動」を取っていると指摘。米国が中国の懸念を重く受け止め、両国関係の混乱を防ぐよう求めた。

 中国は香港の抗議デモを米国があおっていると主張し、新疆やチベット、台湾についても中国の内政問題だとの立場を取っている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ