大型クルーズ船が接触、メキシコ

共同通信

 【ロサンゼルス共同】メキシコ東部コスメル島の港で20日、大型クルーズ船2隻が接触する事故があった。地元当局によると、乗客らにけがはなく、船の一部が破損したものの航行への影響もないという。

 ロイター通信によると、2隻はいずれも全長約290メートル。地元メディアが伝えた映像では、1隻の船首がもう1隻の船尾付近にめり込むようにぶつかり、客室とみられる辺りが一部壊れて部材が崩れ落ちる様子が捉えられている。強風が原因とみられる。

 当局は、船体への浸水などはなく安全に航行できる状態だとしている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ