バド、トナミや再春館は決勝へ

共同通信

 バドミントンのS/Jリーグのプレーオフは21日、富山県高岡市の東洋通信SCで上位4チームによる準決勝が行われ、男子は4連覇を狙うトナミ運輸と5季ぶりの優勝を目指すNTT東日本が決勝に進んだ。女子決勝は2連覇が懸かる再春館製薬所と日本ユニシスの顔合わせとなった。

 トナミ運輸は第2ダブルスで園田啓悟、保木卓朗組が競り勝ち、日本ユニシスに2―1で勝利。NTT東日本はシングルスの桃田賢斗の勝利などで、日立情報通信エンジニアリングを2―0で下した。

 再春館製薬所は北都銀行に2―1で逆転勝ち。日本ユニシスはアメリカンベイプ岐阜に2―0で快勝した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ