香港トップの夫が抗議?

共同通信

 【香港共同】香港政府トップの林鄭月娥行政長官がマカオ返還20年の式典に出席した際、同席した夫が中国の愛国歌が流れている間に手拍子をせずにそっぽを向き、中国への抗議の意を示したとの臆測が出ている。政府に反発する抗議活動が続く香港のインターネットでは「夫は最前線のデモ隊」と称賛の声も上がり、注目を集めている。

 中国メディアの映像では、19日に開かれた式典で、林鄭氏や中国国務院(政府)香港マカオ事務弁公室の張暁明主任ら高官が愛国歌に合わせて懸命に手拍子をする中、林鄭氏の隣に立つ夫はややうつむき加減で両手を固く結んでいる。

 林鄭氏の夫は英国籍を持つ数学博士。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ