ロコ・ソラーレ4強入り

共同通信

 カーリングのワールドツアー、軽井沢国際選手権第3日は21日、長野県の軽井沢アイスパークで行われ、女子で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレは1次リーグA組を4勝1敗で突破し、準々決勝で北海道銀行に延長の末、6―5で競り勝って4強入りした。

 11月のパシフィック・アジア選手権準優勝の中部電力は1次リーグA組を3勝2敗で突破したが、準々決勝で米国チームに2―6で敗れた。

 男子準々決勝では、コンサドーレがIgnites長野を6―4で下し、日本勢で唯一の4強入り。平昌五輪男子日本代表の両角友佑が率いるTM軽井沢は準々決勝でカナダチームに2―7で屈した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ