独裁政権下の韓国民衆撮影

共同通信

 1970年代の独裁政権下の韓国でたくましく生きる民衆を撮影した写真集「維新の追憶」を、牧師の野村基之さん(88)=京都市出身、山梨県在住=が韓国で10月に出版した。野村さんはソウルのスラムの人々を捉えた写真集「野村リポート」を韓国で2013年に出版しており、その続編となる。

 野村さんは1968年、韓国を初訪問。ソウルの清渓川周辺に広がるスラムを目の当たりにした。以後、数十回も訪韓して救援活動をしながら人々の姿を写真に収めた。

 クーデターで政権を掌握した朴正熙大統領(当時)は72年、国会を解散し、大統領権限を大幅に強める「維新憲法」を公布した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ