英語スピーチ最優秀賞に静岡高生

共同通信

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京都新宿区で「スポーツの力と平和」をテーマとした高校生英語スピーチコンテストの最終審査会を開いた。10人がスピーチを披露し、静岡県立静岡高2年の池田真理奈さん(17)が最優秀賞に選ばれた。

 池田さんは、1964年東京五輪の開会式と、戦前の出陣学徒壮行会の様子を重ねた作家杉本苑子さん(2017年死去)の作品を取り上げ、平和の重要性を訴えた。受賞後、「本当に平和な世界で開催してほしいという思いを込めた」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ