ジャンプ男子の小林陵が今季2勝目

共同通信

 【エンゲルベルク(スイス)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、スイスのエンゲルベルクで個人第7戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が132・5メートル、134メートルの272・0点で今季2勝目、通算15勝目を挙げた。

 佐藤慧一(雪印メグミルク)は21位、岩佐勇研(東京美装)は23位だった。竹内択(チームtaku)は50位、栃本翔平は51位、伊藤謙司郎(ともに雪印メグミルク)は55位で、いずれも2回目に進めなかった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ