渡辺啓太、菊池純礼が総合優勝

共同通信

 スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は23日、長野県帝産アイススケートトレーニングセンターで男女各2種目が行われ、前日の2種目を合わせて男子は渡辺啓太(阪南大職)が3大会ぶり2度目、女子は菊池純礼(富士急)が2大会連続2度目の総合優勝を果たした。

 渡辺は1000メートルを制し、3000メートルでも宮田将吾(大阪・大商大高)に続く2位に入った。総合で3連覇を狙った吉永一貴(中京大)は4位。

 菊池純は3000メートルでトップとなった。1000メートルで1位の神長汐音(全日空商事)が総合2位だった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ