【東京オートサロン 出演モデル#1 Marika】JET STROKEコラボ企画「the PROFESSIONALセッション」|業界を支えるプロから見通す2020年後のカスタムカームーブメント

PR TIMES ファインピース株式会社

東京オートサロン2020 in 幕張メッセ 2020年1月10日(金)、11日(土)、12日(日)開催! 日本が誇る世界最大のカスタムカーイベント、チューニング・ドレスアップの総合展示会。
ASA SESSION the PROFESSIONAL - Jet Stroke × Fine Piece - in TOKYO AUTO SALON 2020 詳細はこちら:https://prtimes.jp/topics/keywords/AUTOSALON/
http://www.youtube.com/watch?v=yDtQsQg8zg0
https://youtu.be/yDtQsQg8zg0

2020年1月11日から13日までの三日間、幕張メッセにて開催される世界最大のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」にて、有限会社ジェットストローク(代表者:佐々木 裕一、本社:千葉県鎌ヶ谷市)とのコラボ企画として、オートアフターマーケット再興戦略基盤(運営:ファインピース株式会社 / 代表取締役:木下 寛士、以下 ASA)が開催する「ASA SESSION the PROFESSIONAL(以下、the PROFESSIONAL)」の事前告知第一弾として、セッション出演モデルの「マリカ」を紹介。

「ジェットストローク」とのコラボ企画詳細(12月21日配信)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000172.000039923.html

出演モデル #1 Marika
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000039923.html
出演モデル #2 Chicchi
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000039923.html
出演モデル #3 Nami
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000179.000039923.html

Concept


ASA オートアフターマーケット再興戦略基盤 特設サイト:http://www.finepiece.jp/asa/
マリカ
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
マリカ
生年月日・1994.02.10
出身地・東京都
趣味・愛犬と散歩,一眼レフ,化粧品探し
特技・剣道

-30キロを突破してから芸能界入り。8年間ファッションショーを中心としたモデル活動をはじめ、雑誌・広告・イベント・映画などに出演。DHCシンデレラアワードでは3000人以上の中からファイナリストまでランクイン。
現在は、美容会社やネットショップなどを経営。

出演経歴
イベント(美容/ファッション関連)
映画・アパレル広告・ファッションショー
美容誌・ファッション誌
VIRTUOUS 専属モデル

クルマ関連雑誌
東京オートサロン
TOKYO MOTOR COLLECTION

関連サイト
https://virtuous.co.jp/
https://thyme0.official.ec/
PORTFORIO
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」

ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
OFF SHOT
ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」

ASA SESSION the PROFESSIONAL in 東京オートサロン2020 出演モデル「マリカ」
東京オートサロン2020について

名称:TOKYO AUTO SALON 2020
会期:2020年1月10日(金)、11日(土)、12日(日)
会場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
開催スケジュール:
1月10日(金) 9:00~19:00(業界&報道関係者招待日)
※14:00~ : 一般特別公開
1月11日(土) 9:00~19:00(一般公開日)
1月12日(日) 9:00~18:00(一般公開日)
公式サイト:https://www.tokyoautosalon.jp/

東京オートサロンは、1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタート。

1987年の第5回からは「東京オートサロン」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大。

近年では自動車メーカーも出展し、オートサロンに合わせて新車発表を行なったり、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、豪華アーティストが出演するライブステージを開催するなど、コアな自動車ファンだけでなく、自動車を利用する家族連れでも十分に楽しめるビッグイベントにまで変化発展してきました。

第38回目となる「東京オートサロン2020」では、前回に引き続き1~11ホールを加えイベントホールも使用して、東京オートサロン史上でも最大規模の世界最大級のカスタムカーイベントとして開催いたします。

(公式サイトより:https://www.tokyoautosalon.jp/2020/whats/
「オートアフターマーケット再興戦略基盤(ASA)」詳細情報

ASAは、「次世代モビリティー社会の実現に向けた、オートアフターマーケット再興のための戦略基盤の構築」という活動コンセプトのもと、オートアフターマーケットの比較研究・調査分析だけでなく、国際トレンド分析や異業種ベンチマーキングを取り入れることによって、その成果を社会課題の解決に応用・活用するとともに、第四次産業革命を迎える業界の再興を目指し設置された戦略基盤です。
詳細:http://www.finepiece.jp/asa/

【活動コンセプト】
次世代モビリティー社会の実現に向けた、オートアフターマーケット再興のための戦略基盤の構築。

【活動指針】
1. オートアフターマーケットの業界再興のための活動であること。
2. 各界の有識者・専門家を積極的に招聘し、オープンイノベーションを促進すること。
3. ASA規約に則り、関係者に対して成果を共有すること。

【活動趣旨】
技術革新と市場環境変化によって訪れる従来の延長線上にはない変革に対応し、国際化、業際化、情報化する時代に即したエコシステムの構築とプラットフォーム化など、次世代モビリティに必要なサービスを実現し、業界再興に寄与するための戦略ビジョンの策定および実践を目的として設置する。

【過去の活動】
対談企画
令和元年最後の衝撃対談「令和イノベーション~2020年後のビジョン~」
カーライフテックを展開する「ファーストグループ」代表 藤堂 × カスタムカー業界の雄「ジェットストローク」
http://www.youtube.com/watch?v=tmntPfnEndg
https://youtu.be/tmntPfnEndg (元旦より本編の配信を開始)

現地視察
世界最大級のオートアフターマーケットの展示会「アウトメカニカ上海2019」の現地レポート
http://www.youtube.com/watch?v=KcjWvQRmKc0
https://youtu.be/KcjWvQRmKc0

意見交換
ドイツで開催された世界最高峰と言われるカスタムの祭典「Essen Motor Show」について
http://www.youtube.com/watch?v=yCwwOa4JQY4
https://youtu.be/yCwwOa4JQY4

スタートアップセッション
350を超えるグローバル企業の中国 深センへの移転を支援し150以上の国際的なスタートアップと中小企業に対してオフィススペースを提供しているHIBC弘夏国际 Founder&CEOのCassie Xia氏とのスタートアップセッション
http://www.youtube.com/watch?v=wM--hLbwD2c
https://youtu.be/wM--hLbwD2c
企画・運営:ファインピース株式会社
本社:〒812-0892 福岡県福岡市博多区東那珂1丁目18番27号2F
東京オフィス:〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目15-14 INBOUND LEAGUE
公式サイト:http://www.finepiece.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/FinePieceJP/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ