サウジ記者殺害、5人に死刑判決

共同通信

 【カイロ共同】サウジアラビア政権に批判的だった記者ジャマル・カショギ氏が2018年10月にサウジ当局者らに殺害された事件で、サウジ検察当局は23日、首都リヤドの刑事裁判所が5人に死刑判決を言い渡したと明らかにした。事件には事実上の最高権力者ムハンマド皇太子の関与が指摘されてきたが、捜査を受けた側近2人の罪は認められなかった。

 1月の初公判で、検察は被告5人に死刑を求刑していた。サウジ政権は「現場指揮官が勝手に殺害を指示した」と主張し、皇太子の関与を一貫して否定。死刑判決の5人は現場レベルの当局者とみられる。ほか3人が禁錮刑となり、3人は無罪だった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ