出生数、最少86万4千人に

共同通信

 2019年生まれの赤ちゃんの数は1899年の統計開始から初めて90万人を割り込み、過去最少の86万4千人(前年比約5万4千人減)となる見通しであることが24日、厚生労働省が公表した人口動態統計の年間推計で分かった。減少幅は平成が始まった1989年以降で最も多かった。一方、死亡数は137万6千人で戦後最多。死亡数から出生数を引いた人口の自然減は51万2千人(同約6万8千人増)で過去最大となる見込み。

 国立社会保障・人口問題研究所が17年に出した推計では、21年の出生数を86万9千人と見込んでおり、予想より2年早いペースで減少が進んだ。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ