東郷ゆかりのイチョウ「帰郷」

共同通信

 日露戦争でロシア艦隊を破った旧日本海軍の東郷平八郎元帥の留学先だった英国から、東郷ゆかりのイチョウが日本への「帰郷」を果たし、広島市植物公園で24日、記念の式典が開かれた。

 イチョウは、19世紀に多くの軍艦が造られた英西部ウェールズのペンブロークドックにある。1877年、日本政府が英国に発注した軍艦の初代「比叡」の進水式の際、当時の駐英特命全権公使が謝意を込めて地元に寄贈した。

 数年前に英国の地元郷土史家の男性が日本への輸送を発案。2017年にウェールズ国立植物園で苗木を育て始めた。約30センチまで育った15株が空輸され、今月17日に広島空港に到着した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ