年末年始休業選択の嘆願書提出

共同通信

 コンビニのフランチャイズ(FC)加盟店オーナーらでつくる団体「コンビニ加盟店ユニオン」は24日、年末年始の営業について、休業も含め加盟店が選択できるよう求める嘆願書をセブン―イレブン・ジャパン本部に提出した。嘆願書では立地によって年末年始は売り上げが少ない上、従業員の確保が難しい店があり、オーナーが長時間労働を強いられていると訴えた。

 東京都内で記者会見した酒井孝典執行委員長は「もう限界に達している。本部は従業員とオーナーのことを考えて行動してほしい」と話した。

 セブン側は「書面は受け取ったが、コメントすることはない」(広報)としている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ