ウィンドウズ7なお1500万台

共同通信

 日本マイクロソフト(MS)は24日、来年1月14日にサポートを終了する基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」を搭載したパソコンが、国内でまだ約1500万台利用されているとの推計を発表した。不正アクセスなどの被害を防ぐため、OSの更新やパソコンの買い替えといった対応を呼び掛けている。

 サポート終了後はセキュリティー上の欠陥を修正する更新プログラムの提供が受けられなくなり、ウイルスに感染したり、個人情報が盗まれたりする恐れが強まる。日本MSは「来年は東京五輪で国際的な注目度が高まり、ハッカーなどの攻撃を受けやすい」とし、早めの対策を訴えている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ