ローマ教皇がXマスイブのミサ

共同通信

 【ローマ共同】今年11月に教皇として38年ぶりに訪日したローマ教皇フランシスコは24日、キリスト教カトリックの総本山バチカンのサンピエトロ大聖堂でクリスマスイブのミサを執り行った。イエス・キリスト生誕に関するエピソードも引用し、人の善行を待つのではなく「自分自身から始めよう」と呼び掛けた。

 教皇は「クリスマスは神が私たちみんなを愛し続けていることを思い出させてくれる」と指摘。隣人が善良になったり、他人が自分を尊重したりしてくれるのを待たずに「人のために尽くそう」と訴えた。

 25日にはサンピエトロ広場を見下ろすバルコニーからクリスマスメッセージを伝える。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ