私大の授業料、18年度90万円

共同通信

 2018年度に入学した私立大学部生が初年度に支払った授業料の平均額は前年度比0・5%増の90万4146円で、7年連続で増加したことが25日、文部科学省の調査で分かった。全国581校分を集計した。

 入学料については0・8%減の24万9985円で、施設整備費は0・3%増の18万1902円。実験実習料などを含めて初年度に支払う総額は0・3%増の146万776円だった。

 授業料を学部別でみると、最も高いのは歯学部で322万5206円、医学部が266万6458円で続いた。最も安いのは神・仏教学部の73万658円で、次いで社会福祉学部の74万8868円だった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ