学童保育待機、最多の1万8千人

共同通信

 厚生労働省は25日、共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)について、利用を希望しても定員超過などで入れない待機児童は今年5月時点で1万8261人で、過去最多を更新したと発表した。前年比では982人増で、2018年の増加数(109人)の約9倍。女性の就業率上昇に伴い、ニーズが急増している状況が浮き彫りになった。

 全国の施設数は2万5881カ所(前年比553カ所増)、利用児童数は129万9307人(同6万4941人増)で、ともに過去最多を更新した。

 厚労省は21年度末までに25万人分を整備し、学童保育の待機児童を解消するとしている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ