職業紹介事業報告書に大幅な誤り

共同通信

 厚生労働省は25日、3月に公表した民間の職業紹介事業に関する報告書に大幅な誤りがあったとして、内容を訂正した2017年度分の報告書を改めて発表した。委託先の業者が求職件数などのデータを入力する際に誤り、数字が広範囲でずれるなどしていた。同省はミスに気付き、今年9月にホームページ上で再集計すると公表していた。

 職業紹介を行う事業者は毎年度、厚労省側に運営状況を報告。これを踏まえ、同省は年度ごとの新規求職申込件数や就職件数などを報告書としてまとめている。

 各事業所の提出書類の数字を委託業者が手入力で集計する際に数字を取り違えたり、入力項目がずれたりした。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ