立・国合流、合意越年へ

共同通信

 国民民主党の玉木雄一郎代表は25日の記者会見で、立憲民主党との合流を巡る幹事長間の協議に関し「根本のところで折り合っていない」と述べ、難航していると認めた。立民の福山哲郎幹事長も年内にこだわらない姿勢を示しており、両党の合意は年明けに持ち越しとなる見通しだ。

 国民の平野博文幹事長はその後の党総務会で、協議に関し「約20項目で意見を出し合っており、丁寧に議論を積み上げたい。年内は難しい」と強調した。複数の出席者が明らかにした。

 玉木氏は会見で「それぞれの立場を主張し合いながら厳しい協議をしている」と指摘した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ