トヨタ労組、評価応じベア提案

共同通信

 トヨタ自動車労働組合が2020年春闘に向け、ベースアップ(ベア)の額が各組合員の人事評価に応じて従来よりも差がつく賃上げ制度の提案を検討していることが26日、分かった。会社側の意向も踏まえ、一律の色が濃かったこれまでの手法を見直す。国内製造業をリードするトヨタの動向は、国内の賃金制度に影響を与える可能性がある。

 自動車メーカーは自動運転や電動化といった次世代技術の激しい競争にさらされ、競争力の向上が急務だ。トヨタ労組が賃上げ手法を見直す背景には、こうした厳しい経営環境がある。組合員の一部からも、評価に応じた制度の導入を求める声が出ているという。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ