三日月のような太陽、沖縄で観測

共同通信

 太陽の前を月が横切り、太陽が欠けて見える部分日食が26日午後に観測された。国内では1月以来。本州を中心に広く雲がかかる条件の悪い日だったが、沖縄県内では三日月のようになった太陽がはっきり見えた。

 北谷町では午後2時すぎから始まり、3時半ごろには最も大きく欠けた状態に。町内の駐車場で日食グラスをかざしていた男性の集団が「すげえ」と歓声を上げた。

 国立天文台によると、国内で次に見られる部分日食は来年6月21日で、太陽の欠け方は今回より大きい。太陽の外周がリング状に輝く金環日食は2030年、太陽が完全に月に隠れる皆既日食は35年を待つことになる。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ