前法相の逮捕状請求を棄却

共同通信

 【ソウル共同】韓国のチョ・グク前法相が文在寅政権や与党の実力者と関係が深い元政府機関幹部への内部監察を不正にもみ消したとの疑惑を巡り、ソウル東部地裁は27日未明、職権乱用容疑でのチョ氏に対する検察の逮捕状請求を棄却した。地裁は「容疑は認められるが、逃亡や証拠隠滅の恐れがない」と説明した。韓国メディアが報じた。

 韓国ではチョ前法相が主導した検察の権限縮小を図る文政権と、これに抵抗する検察との緊張が続いている。政権側はチョ前法相への捜査を改革つぶしが狙いととらえており、政権と検察の対立も激化しそうだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ