金融庁、かんぽ不正で行政処分

共同通信

 金融庁は27日、大規模な保険の不正販売を放置していたかんぽ生命保険日本郵便を行政処分した。保険の新規販売業務を3カ月間停止させる。親会社の日本郵政を含む3社に再発防止に向けた業務改善命令も出し、経営責任の明確化を要求した。日本郵政と日本郵便を監督する総務省も両社に業務改善命令を出した。

 高市早苗総務相は27日の閣議後の記者会見で「行政処分が必要と考えている」と明らかにした。午後3時に処分内容を発表する。

 金融庁も同日午後に処分を発表する。日本郵政グループは経営責任を明確化するため、日本郵政の長門正貢社長らトップ3人の辞任を正式決定する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ