「ロングテール現象」とは?

グロービス経営大学院

ロングテール現象とは、主にインターネットを介した通信販売において、ニッチ商品の販売額の合計が、ヒット商品の販売額の合計を上回るようになる現象。

市場に出回る商品の2割(ヒット商品)が、全体の8割の売上げを稼ぎ出すという、20-80の法則に従う既存の店舗販売の収益構造とは対極をなす。

売り場面積や在庫スペースなど、物理的な制約の多い小売店と異なり、無限ともいえる「売り場スペース」を持てるネットビジネスでは、少量多品種の商品を容易に扱える。実在庫は持たずに商品をデータベース上にのみ登録する、あるいは地代の安価な場所に在庫スペースを設ける、などの工夫によって流通コスト・在庫コストを低減することも可能であり、これによって、ニッチ商品を数多く集めることで、ヒット商品の大量販売に依存することなく収益を上げるビジネスモデルの構築が可能となった。

ロングテールの「テール」は動物の尾を指す。販売数量順に並べたパレート図を描くと、ヒット商品が恐竜の長い首(ヘッド)、ニッチ商品が長い尾(テール)に見えることから名づけられた。

2004年10月に、当時、米国WIRED誌の編集長であったChris Anderson氏が、自筆の記事「the Long Tail」の中で、オンライン書店Amazon.comやDVDレンタル店Netflixの成功を説明するために使ったのが最初で、ロングテール効果、ロングテール論とも呼ばれる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ