郵政3社長総退陣、後任は増田氏

共同通信

 日本郵政の長門正貢社長(71)らグループ3社長は27日、東京都内で記者会見し、来月5日に総退陣すると表明した。かんぽ生命保険日本郵便の保険不正販売を巡り、金融庁と総務省が27日、保険の新規販売業務を来年1月1日から3カ月間停止する行政処分を出したことを受け、責任を取る。日本郵政社長には来月6日に増田寛也元総務相(68)が就任する。

 高齢者を中心とする多くの顧客に不利益を与えた不正販売問題は、経営陣の刷新という異例事態に発展した。増田氏が再発防止と失われた信頼の回復を主導するが、社内調査は続いており、問題の収束は見通せない。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ