持続可能社会の実践競う甲子園

共同通信

 社会・環境に配慮した消費行動を意味する「倫理的消費」(エシカル消費)など、全国の高校生が持続可能な社会づくりを目指す取り組みを報告する「エシカル甲子園2019」が27日、徳島市で開かれ、フェアトレード(公正な貿易)の活動を発表した徳島県立徳島商業高が優勝した。

 徳島商業高は、カンボジアのヤシ砂糖農家の生産現場に屋根を設けるなどして衛生面を改善、増産に成功した事例を紹介。適正価格で買い取った砂糖を使ったどら焼きなどを東京五輪・パラリンピックの関連施設で販売する計画もPRした。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ