正恩氏、党重要会議を主宰

共同通信

 【北京、ワシントン共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、金正恩朝鮮労働党委員長の主宰で党中央委員会総会が28日、平壌で始まったと報じた。内外の情勢変化に合わせて「国家の戦略的地位と国力を一層強化する闘争路線」が提示されるとしている。米朝交渉の行き詰まりを受け、新たな対米方針を示す可能性がある。

 米国のオブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は29日、ABCテレビの番組で、北朝鮮が挑発行動に出れば「米国は失望し、適切に対処する」と語り、ICBM発射実験などを再開しないよう自制を求めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ