中国とイランの外相が会談

共同通信

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相とイランのザリフ外相は31日、北京で会談し、イラン核合意の維持に向けて連携していくことを確認した。両者は、米政権による対イラン制裁を念頭に「単独主義への反対」を重ねて打ち出し、米側をけん制した。中国外務省が発表した。

 王氏は「米国が一方的に合意を離脱し、イラン側に圧力をかけたことが情勢の緊張を招いた」と非難。対話を通じて問題に対処するよう関係国に呼び掛けた。

 ザリフ氏は中国側との意思疎通を緊密に保ち、協力関係を深める意向を示した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ