米中合意、1月15日署名

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は31日、米中貿易協議の「第1段階」合意について、2020年1月15日にホワイトハウスで自身が署名するとツイッターで発表した。中国の高官らによる「ハイレベルの代表団」が出席するとしている。「第1段階」合意は「非常に大きく包括的な合意だ」と評価した。

 また、トランプ氏は「第2段階」の交渉を開始するため、北京を訪問するとも書き込んだ。訪中は「後日」とだけ記しており、詳しい日程は明らかにしていない。

 第1段階の合意には、中国による知的財産権保護の強化や、金融部門の市場開放、意図的な通貨安誘導の抑止などが含まれる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ