NY株、19年は22%上昇

共同通信

 【ニューヨーク共同】2019年12月31日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米中貿易協議の進展を背景に反発し、前日比76・30ドル高の2万8538・44ドルと過去最高値に近い水準で取引を終えた。米利下げも追い風となり、18年末比の上昇率は22%に達した。年間ベースでは2年ぶりの上昇で、年間上昇率は17年(25%)以来の大きさ。

 世界の株式市場は1年前とは様相が一変。米国の株高が波及し、中国・上海の代表的な指数は22%上昇した。日経平均株価はバブル経済末期の1990年以来の高値水準をつけ、欧州の主要株式指数も軒並み上がった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ