元旦競歩、五輪代表の鈴木が優勝

共同通信

 陸上の元旦競歩は1日、東京・明治神宮外苑絵画館周回コースで行われ、男子20キロは東京五輪の50キロ代表に決まっている鈴木雄介(富士通)が1時間20分1秒の大会新記録で制した。

 「予想より体が動いて、リズムが良かった」と序盤から大きくリード。50キロで金メダルを獲得した昨秋の世界選手権後、本格的な練習を再開したのは12月に入ってからという。「練習不足が響いた」と後半はやや失速したが、完成間もない国立競技場の脇のコースで強さを示した。

 新年の幕開けを快勝で飾り「東京五輪での金メダルに向けてさらにまい進していける気持ちになった」と晴れやかに語った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ