文大統領「米朝は対話意志持続」

共同通信

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は2日、ソウル市内で新年のあいさつをし、北朝鮮の非核化協議について「米朝首脳間の対話の意志は持続している」との見解を示した。南北関係を改善させていく考えも改めて強調し「平和は行動なしには訪れない」と述べた。

 韓国国防省報道官は2日の定例記者会見で、北朝鮮が「新たな戦略兵器」に言及したことに関し「綿密に(動向を)見守っている」と説明した。

 北朝鮮が強く反発している米韓合同軍事演習の実施計画に関しては「非核化に向けた外交的努力を支援するため、韓米間で緊密に協力し調整していく」との基本的な立場を示すにとどめた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ