華やかに「かるた始め式」、京都

共同通信

 京都市東山区の八坂神社で3日、華やかな平安装束に身を包んだ女性らが手合わせを披露する新春恒例の「かるた始め式」が行われた。

 全日本かるた協会近畿支部の女性12人が「かるた姫」や童女に扮し、袿に緋ばかま姿で能舞台に上がった。百人一首の上の句が読まれると、優雅な動きで静かに札を押さえた。

 祭神の素戔嗚尊が、日本最古の和歌を詠んだと伝わることにちなんだ行事。競技かるたの対戦もあり、元かるたクイーンらが素早く札を飛ばす手さばきに、参拝者からどよめきが上がった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ