シンガポール航空、本日より成田-シンガポール路線にて新客室仕様A380-800Rの運航を開始

PR TIMES シンガポール航空

シンガポール航空(東京都千代田区、日本支社長ウォン・テックフイ)は、成田-シンガポール路線にて、待望の導入となる新しい機内プロダクトを搭載したエアバスA380-800R型機(以下、A380R)での運航を本日2020年1月2日に開始しました。A380Rは、機能を拡充したシートと日本語対応のパナソニック社製機内エンターテインメントシステムを搭載した最新鋭の旅客機です。シンガポール航空では、成田-シンガポール路線におけるサービス強化の一環で、2019年4月28日よりA380を再導入してきました。本日からは、新しい客室仕様のA380Rにアップグレードします。

A380R スイート (2席を利用した場合)
A380R ビジネスクラス(2席を利用した場合)
A380R プレミアムエコノミークラス
A380R エコノミークラス
シンガポール航空は、エアバスA380のローンチカスタマーで、2007年に世界で初めて運航を開始しました。新しい客室仕様のA380Rは2017年12月18日に導入され、現在ではロンドンやシドニーなど、世界の主要な商業の中心都市へ運航しています。座席構成は4クラス制の計471席で、アッパーデッキに最上級のスイート6席とビジネスクラス78席、メインデッキにプレミアムエコノミークラス44席とエコノミークラス343席となっています。

A380Rに関する詳しい情報は、https://bit.ly/2D278qh をご覧ください。
高解像度画像については、https://goo.gl/rxgA36 からダウンロードいただけます。

シンガポール航空について
シンガポール航空は124機の最新鋭旅客機と7機の貨物機を保有し、シルクエアーおよびスクートを含め、東京(羽田・成田)、大阪、名古屋、福岡、広島など、世界37の国と地域の137都市を結ぶ充実したネットワークを有しています。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service Excellence」、「Product Leadership」、「Network Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。シンガポール航空ホームページ:singaporeair.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ