Uターンピーク、夜までラッシュ

共同通信

 最大9連休となる年末年始が最終盤を迎えた4日、新幹線や空の便、高速道路のUターンラッシュがピークとなり、夜まで混み合った。東京に向かう新幹線では、自由席の乗車率が100%を超えた列車が相次ぎ、高速でも20キロ以上の渋滞が発生した。5日も各地で混雑する見通しだ。

 JR各社によると、東北新幹線では、夕方東京駅に到着した盛岡発の「やまびこ48号」「やまびこ50号」の自由席の乗車率が160%に。上越や北陸新幹線でも100%を上回る列車が続出。東海道新幹線の「のぞみ20号」は午後1時台に名古屋駅を出発した際、140%に達した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ