「プロフィット・センター」とは?

グロービス経営大学院

プロフィット・センターとは、収益と費用(コスト)が集計される部門。

プロフィット・センターでは、集計された収益から費用を差し引いた利益を極大化することが目標となる。

収入と費用の差額を大きくすること、つまり収入はできるだけ多く費用はできるだけ少なくすることが目標となる。

例えば、工場をプロフィット・センターとすると、コスト・センターとした場合とは逆に、利益が得られるものであれば、生産工程を改善するなどして、特注品でも積極的に受注していこうというインセンティブが働くことになる。

従って、標準品の比重が高い会社ではコスト・センターでも問題はないが、特注品の比重が高い会社では、プロフィット・センターの方が望ましいということになる。

 

また、経営参加意識を高める分権化・分社化の大きな流れの中では、各グループに損益責任を持たせるという意味で、プロフィット・センターにする方が望ましい。

しかし、分権化が強調されすぎると、個々の事業部の利益が優先され、会社全体の利益が犠牲にされてしまう可能性があるため注意が必要である。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ