「フランチャイズ方式」とは?

グロービス経営大学院

フランチャイズ方式とは、製品開発や販売などのノウハウを持った企業が、それらを使ったビジネスの特定地域における排他的営業権(フランチャイズ権)を、一定のロイヤルティ(royalty、実施料)に基づき認める仕組み。

ノウハウを供与する側を「フランチャイザー」、供与を受ける側を「フランチャイジー」と呼ぶ。

コンビニエンス・ストア、コーヒーショップ、カーディーラー、郊外型レストラン、ファストフード、語学学校などに典型的に見られるシステムで、フランチャイザーは、ロイヤルティの徴収以外に、共同仕入れを義務づけることで、仕入れからの利ざやを稼ぐケースが多い。

 

フランチャイザーにとって、この方式の最大の利点は、他人の資本や労力を活用して急速にシェアを拡大できるところにある。

一方、フランチャイジー側は、資金とやる気はあるが、どうやって事業に取り組んでよいか分からない、リスクを抑えて資金を有効活用したいという要望を適えることができる。

フランチャイズ方式は、こうした互いのニーズを補い合うこととなる。

 

フランチャイズ方式の難点は、資金運用の色彩の強いフランチャイジーを教育し、共通の事業目的に向けたベクトル合わせをしなくてはならない点にある。

つまり、フランチャイズ・システムが健全でいられるためには、本部の行き届いたコントロールが末端まで浸透していることが前提となる。

このため、サービスの質の管理を目的に、直営とフランチャイズ方式を組み合わせるフランチャイザーも見られる。

 

また最近では、どの店舗にも均一なオペレーション・システムを提供するフランチャイズ方式の弱点も浮き彫りになりつつある。

商圏特性や顧客の嗜好が多様化したため、これまでのように全国的に同じような商品、サービスを提供するだけでは、顧客を満足させられなくなってしまったのである。

このため、商圏特性に応じて店舗ごとに個性を打ち出す“個店化”戦略を推進するフランチャイズ・チェーンも出てきた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ