仏風刺週刊紙テロ5年で追悼式典

共同通信

 【パリ共同】パリの風刺週刊紙シャルリエブド本社が襲撃され、編集者らが死亡したテロから5年を迎えた7日、当時のフランス大統領オランド氏やパリのイダルゴ市長が遺族らと現場で犠牲者の追悼式典を行った。編集幹部は「消滅を望んだ人々には残念だが、シャルリエブドは今も生きている」と訴えた。

 2015年1月7日、イスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載し物議を醸したシャルリエブド本社が襲撃された。立てこもりなどもあり計17人が犠牲となった。

 今月7日付特別号は1面に「新たな監視、新たな専制」の見出しで、大きなスマートフォンに、舌と両腕を下敷きにされた漫画家を描いた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ