英首相、移行期間の延長拒否へ

共同通信

 【ロンドン共同】今月末に欧州連合(EU)を離脱する予定の英国のジョンソン首相は、EUのフォンデアライエン欧州委員長と8日にロンドンで初めて会談し、離脱後、激変緩和のため12月末まで設けられる「移行期間」を延長しないと通告する。英首相官邸が7日、明らかにした。

 英国は移行期間中、EU加盟国とほぼ同等の待遇を受け続け、貿易交渉を進める。ただ、フォンデアライエン氏は11カ月間での貿易交渉の妥結実現に悲観的な見方を示しており、初会談から見解の相違が表面化する可能性がある。

 移行期間内に貿易交渉がまとまらなければ、「合意なき離脱」と同様の混乱が生じる恐れがある。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ